Lifecooking

買い物・グルメ・時々医療

【日本全国鮨めぐりVol20 福島編】小判寿司 全国の有名漁師と直接取引する素材にこだわる店

f:id:lifecooking:20190703144305p:plain

さて、青森→秋田→山形→福島を周る旅もラストです。
山形から福島まではどうしたかというと 

f:id:lifecooking:20190621102617j:plain

そうです、レンタカーを借りて他県に移動し、乗り捨てるという技を覚えたのです。
これでめちゃくちゃ選択肢が広がったわ。
金めっちゃかかるけど。
てなわけで福島編です。ちなみに運転は4時間くらいかかりました。

 

 

 小判寿司

福島県はあまりイメージがなかったのですが、
意外にしっかりとした江戸前寿司を出す店が何件かありまして、
その中でも有名な店が小判寿司です。
仙台の小判寿司ののれん分けですが、
福島県では食べログ寿司部門で一位かつ2019年のブロンズ。
すでに本家を超えてるんじゃないか?という評価に期待が高まります。

外見など

一軒屋 

f:id:lifecooking:20190703144311j:plain

内装は

f:id:lifecooking:20190703144439j:plain

造り的にはショーケースと同じだけど、デザインがよいので全く古臭く感じない。

f:id:lifecooking:20190703143720j:plain

ほらね。むしろ百貨店の宝石売り場のような見せ方。

アテ

ジュンサイ

f:id:lifecooking:20190703144347j:plain

秋田のジュンサイ、ジュンサイといえばほぼ秋田。
トマト水と昆布の出汁で合わせている。グルタミン酸の掛け合わせ。
ちな、トマト水は透明だけどトマトの香りや味がする不思議な水。
作り方はミキサーにかけて、ネルでゆっくりドリップするか、
理系の人は遠心分離器にかけてください。

ゴマフグの白子茶わん蒸し 

f:id:lifecooking:20190703144404j:plain

茶わん蒸しの餡掛けだが、中にはゴマフグの白子がゴロゴロと入っており、
茶わん蒸しを濃厚なものにする。

マコガレイ

f:id:lifecooking:20190703144459j:plain

エンガワも

f:id:lifecooking:20190703144515j:plain

 

肝もセット。
神経締めをして塩をあてて少し置いている。

黒アワビ

f:id:lifecooking:20190703144530j:plain

これは地元の相馬産。75~6度で4時間蒸したもの。

f:id:lifecooking:20190703144547j:plain

当然肝ソースでのシャリリゾットもついてくる。

あん肝

f:id:lifecooking:20190703144603j:plain

これも相馬産、夜に船を出して朝に帰ってきてくるスタイルをとっているので鮮度がゆよい。
そして血抜きを徹底しているのでクリアな味わい。

青森のムラサキウニ

f:id:lifecooking:20190703143616j:plain

まぐろで有名な大間産、ウニもあるんだね。
これも昨日自宅で剥いたもの。

f:id:lifecooking:20190703143631j:plain

何も処理をしていないウニそのもの味。
ワサビと塩で少しづつ食べる。

サクラマスの焼き物

f:id:lifecooking:20190703143736j:plain

サクラマスは郡山市場で仕入れたもの。
細いタケノコは月山筍という山形のタケノコ。
山椒味噌の味噌の中に感じるさわやかな風味が脂の多いサクラマスとあう。

寿司

サヨリの昆布締め

f:id:lifecooking:20190703143646j:plain

スライスして重ねて握るスタイル。皮目を生かした細工だね。綺麗

星鰈

f:id:lifecooking:20190703143805j:plain

カレイの中でも最上といわれる、星カレイ。
この透明感のある身。絞めて4日目だが、食感の良さも失われていない。

トリガイ

f:id:lifecooking:20190703143823j:plain

千葉のトリガイ、千葉は小ぶりのものが多いのか?

キス

f:id:lifecooking:20190703143837j:plain

天草のキス。昆布で脱水して、酢で軽く締めている。

f:id:lifecooking:20190703143855j:plain

 

千葉の引き縄のカツオ、軽く燻してあるので薫香を楽しめる。

シャコ

f:id:lifecooking:20190703143912j:plain

ピントがぼけてるのは石巻のシャコ。
生きたものを仕入れて、煮ハマグリと一緒で漬け込み技法を使用。

漬けマグロ

f:id:lifecooking:20190703143927j:plain

中トロ

 

 どちらも塩釜産。メバチまぐろ漁にかかった本マグロ。150kg。

コハダ

f:id:lifecooking:20190703143957j:plain

天草のコハダ。

平貝

f:id:lifecooking:20190703144013j:plain

海苔は宮城の相沢水産の新海苔。

サイマキ

f:id:lifecooking:20190703144029j:plain

車エビの小さなもの。
10cm以下をサイマキ、10~15cmでマキ、15cm以上で車エビという。
サイマキや天ぷらなどによく使われるサイズ。

バフンウニ

f:id:lifecooking:20190703144045j:plain

昆布森産。ミラノ万博でも出品された貴重な昆布を食べて育つウニ。

穴子

f:id:lifecooking:20190703144118j:plain

対馬のアナゴ。
大きなサイズを使っているなと思って聞いたら、
もともと200gのアナゴを使っていたが、
エサが悪いため500gのサイズまで全て食べ比べた結果300gに落ち着いたとのこと。

カンピョウ巻き

f:id:lifecooking:20190703144135j:plain

玉子

f:id:lifecooking:20190703144153j:plain

2種類の玉子。江戸前タイプと出汁巻きタイプ。

味噌汁

f:id:lifecooking:20190703144102j:plain

アイスクリーム

f:id:lifecooking:20190703144209j:plain

が出てきて終了。

感想など

白身魚は徳島の村公一、愛媛の藤本純一
「藍の鰆」で有名な北九州の両羽勝といったように、
全国の有名漁師と直接取引をしている

ワサビは栽培発祥地の有東木。←村全体が白鳥さんらしいw
「うちはとにかく漁師さんに恵まれています」とのこと。

後述するがコスパもよいので評価が高い理由も納得。

かかったコストなど

食事料金

おまかせ アテ7品、寿司14品
とノンアルコールビールで
14620円

移動距離・手段

まじでしんどかった・・・

山形→店 レンタカーで315km
ETC代レンタカー代あわせて18955円
帰宅 新白河駅から大阪まで新幹線 738km、19770円

f:id:lifecooking:20190703144239j:plain

えーーーと食事料金の倍以上移動に金使ってます。

日本全国鮨めぐり経過

総合計コスト・移動距離など

食事料金 352548円
食事除く交通費、宿代 233407円
移動距離 車 2666km 飛行機1660km、その他2609km

合計 585955円

達成・予約状況

複数件行った都道府県は赤

f:id:lifecooking:20190703144254p:plain

達成 17/47+3軒
予約 16/47

関連記事

 前回

【日本全国鮨めぐりVol19 山形編】こい勢 がさエビの旨味がたっぷりの玉子が名物?地元に愛される町寿司